© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

  • Tae Arano

印西温水センター 今期終了です。


昨日、印西温水センターでの今期の定期レッスンが終了しました。

思い返せば…4ヶ月という生まれたての頃から通ってくれた子が、

もう2歳。

第二子ご懐妊時にはお休みして、

再度下の子が4ヶ月になったら兄弟で通ってくれたメンバーも数人いてくれて、

思い出がいっぱいで、

胸もいっぱいで。

長いメンバーが多いと、

得てして先輩・後輩のような遠慮気味な関係になるかもなと、

若干心配していた気持ちもあったのですが、

そんな問題も全くなく。

ありがちなグループで別れるようなこともなく、

全員が全員と仲が良い。

私が思っているより素晴らしく大人な人ばかりでしたね。

この日を迎えるにあたり、

「私、泣いちゃうかもしれません。」

と、一人の人から連絡が来ていたので、

「バスタオルを持ってくるように。」

と、伝えておきました。

しかし当日本人は、

「私、絶対泣くと思っていたのですけど。でも、みんなに会うのは、これが最後じゃないんだなって思って。涙は出ませんでした。」

と、いつも通りアハハハと笑っていました。

ママ友の世界は怖いと思っていた。

出来るだけ深入りするのはやめようと思っていた。

そう言っていた彼女が、

「こんなにみんなが好きになるとは思いませんでした。」

と、いう言葉を残してくれました。

「ママ友」というのは、

作った方が良いとも思うし、

作らなくても良いと思う。

個人の自由だし、無理をすることはないと思います。

でも、私個人の意見を言うと、

世の中で言われているよりずっとずっと「ママ友」は素晴らしい存在。

子育てという大仕事を同じ時期にやっている人とは共感できることが多いし、

ただ話すことで心が癒される頼もしい存在。

同じ仕事に取り組んでいる会社の同僚のようなものでしょうか。

もし、

欲しいなと思っているのなら一歩踏み出してみませんか。

さあ、みんなで写真撮影だ!

待てよ…。

今まで一度も全員揃ったことないしな…。



よし。

2週分撮っておいてよかった…。

これで全員だ!

遅刻、

曜日間違い、

時間間違い、

声を張らないと聞こえない等々、

本当に問題児ばかりで 笑

面白いメンバーでした。

まるで、

部活の顧問が卒業生を送り出す心境です!

みんな、また会いましょう!

しっかりご飯食べて、

元気にがんばるんだよ。

#印西市 #赤ちゃん #温水センター #荒野多恵 #ベビーダンス

47回の閲覧